トップページリノベーションとは

「リノベーション」とは?

「リノベーション」と、よく耳にする「リフォーム」とは異なります。
「リフォーム」は、老朽化した建物や汚れた室内をできるだけ新築の状態に戻すことを意味します。
それに対して「リノベーション」は、大規模な工事によって、間取りの変更など既存の建物に「新たな機能を追加」したり、「付加価値」をつけることを意味します。

つまり「リノベーション」を行った物件は、新築の時以上の「新たな価値」を生み出すことになります。
室内をデザイン性の高いものに改良したり、間取りや内外装を変更したり、最新の設備、アクセサリーを取り入れて「住環境」を向上させるのです。

リノベーション物件のメリット

1. 費用面

立地や広さなどが同じであれば、当然新築よりは中古マンションのほうがかなりお得に購入ができます。さらに、自分の気に入った間取りや内装にリノベーションした場合でも、新築物件よりは格安で購入できることが多くなっています。
また、売却する時にも処分しやすいこともメリットです。

2. 立地面

都心部の、駅近くの人気エリアは、なかなか土地がなく、新築物件を探すのは難しくなっています。もしあったとしても、かなり高額なものが少なくありません。一方、中古物件であれば人気のエリアであっても、立地の良い場所にあることが珍しくありません。中古物件を購入してリノベーションを行っても予算内に収まる可能性はずっと高くなります。

3. 環境

モデルルームを見て新築マンションを購入した場合は、完成後の環境を予想することが出来ません。リノベーション物件は、すでに建物はありますので、日当たりや眺望、騒音の有無など事前に確認することが可能で安心です。

リノベーション「済」物件のメリット

上記の内容はもちろんですが、更に下記のようなメリットもあります。

1. 費用面

通常、リノベーション費用と住宅購入費用は別のローンを組むことになりますが、リノベーション済の物件を購入した場合は住宅ローンのみ支払いとなりますのでそういった意味でもおトクになります。

2. 時短

中古マンションを購入してからリノベーションを行うとなると、住むまでにかなりの日数(3~5ヶ月程度)がかかってしまいます。リノベーション済物件の場合は、現代のライフスタイルに合わせた間取り、最新の設備が設置されていますので、中古物件にありがちな水回りなどの不安も無く、安心してすぐに住むことが可能です。

他にも、リノベーション物件は新築物件に比べ「資産価値が落ちにくい」などのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

リノベーション物件のデメリット

1. 耐震性

1981年に施工された新耐震基準に沿った建物でしたら安心ですが、それ以前の建物となると少し心配です。専門家の意見を聞くことが必要な場合もあるでしょう。

2. タイミング

中古物件を購入してからリノベーションを行う場合、設計や工事など完成までかなりの日数(3~5ヶ月程度)がかかります。また、マンションですと共用部分などは、基本できません。

3. 費用面

中古物件の購入には住宅ローンが利用できますが、リノベーションの費用は入れられませんので、ローンで支払う場合、2重のローンとなる可能性があります。

「気になること」は私達プロにご相談下さい。

疑問や不安に一つひとつきちんとお答えしながら、最良のプランをご提案します。

「ホームステージング」とは?

住宅やマンションをリフォームやリノベーションを行って売却したい時、部屋の中が空のままだと「住居」としての実感が伴わずに殺風景な印象与えてしまい、購入希望者に生活の実感がわきません。
売却予定の物件に家具や小物でコーディネートをして、理想の住空間を提案し、他の物件との差別化を図り、購入に結びつけるのが「ホームステージング」です。
ホームステージングを利用することで、売却までの期間が平均で70%程度短くなるといわれています。さらに売却価格も上がる傾向があります。

メリット

  • プロが理想の生活空間を提供することで、売却までの期間が短くなります。
  • 素晴らしい住空間、購入後の暮らしを提案することで、販売価格を上げることができます。
  • 現在はほとんどの買主がインターネットで情報を収集していますので、ホームステージングされた物件写真を使うことで内覧の可能性が高くなります。

デメリット

  • プロに依頼するため、費用が発生する。

当社では、より良い印象を与えるように、購入する側から見た「ホームステージング」サービスを行っております。安心してお任せ下さい。

PAGETOP